【使える英語を身に付けるなら瞬間英作文】英会話への効果とおすすめのアプリの紹介

瞬間英作文

英語の勉強をしていても「話せるようになるイメージが沸かない」なんてことありませんか?

自分が英語を話すイメージが沸かないままぼんやりと勉強していては、効率の悪い勉強になってしまってると言えるでしょう。

英語を話すには覚える(インプット)だけではなく、実際に使い(アウトプット)、自分のスキルとして落とし込む必要があります。

そんなアウトプットに抜群なトレーニング方法が瞬間英作文

簡単な日本語の文章を耳で聞き、英語に翻訳して声に出す学習方法で、英語学習初心者でも覚えた英語をアウトプットの練習ができる、”使える英語”を鍛えるためのトレーニングです。

今回は瞬間英作文が英語のスピーキングのトレーニングに効果的な理由や、瞬間英作文におすすめのアプリなどを、社会人になってから英会話を身に付けた筆者の体験談を交えながらお話していきます。

使える英語を身に付けたい英語学習者は必見です。

瞬間英作文は英語を”話す力”が鍛えられる

英会話を身につけるためには大きく分けてリスニングとスピーキングの2つを鍛える必要があり、瞬間英作文はスピーキングを鍛えるトレーニングです。

英作文という呼び方から書くトレーニングというイメージの方も多いですが、実際は日本語の音声を聞き、瞬時に英語に翻訳して話すといった方法です。

『私の趣味は野球です。→My hobby is baseball.』

”英語が話せる”というのは一言でどういった能力が必要か?皆さんは御存知でしょうか。

単語、文法、リスニング、独特の言い回しを知っているなど、様々な能力もある程度は関係していますが、一番重要なのは「瞬時に英語の文章を作る能力」です。

単語の暗記や繰り返しリスニングを行うことでも”英語を鍛える事”はできますが、この方法はあくまで試験対策など点数を取るための英語にすぎません。

筆者自身、大学在学中にTOEICで700点を取ることができましたが、英会話では自分の言いたいことを言えないという経験がありました。

TOEICの点数は高くても話せないという人が日本人には多いですが、これはただ暗記をするだけで、覚えた単語を使って瞬時に文章にして話すというアウトプットの訓練を積んでないことが大きな原因です。

スラスラと英語を話せるようになるためには、覚えた英語を使って文章を瞬時に組み立てる能力が必要であり、瞬間英作文は瞬時に英語の文章を組み立て、声に出すトレーニングのため、スピーキングにはとても効果的だといえます。

瞬間英作文が最も作用するのは”文章を作る力”

プロダクションモデル

瞬間英作文がスピーキングに効果的な理由をもう少し詳しく見ていきましょう。

スピーキングには『概念化→文章化→音声化』というプロセスがあり、これは日本人が日本語を話す場合でも同じです。

①自分が言うことをイメージする(概念化)
②イメージを伝えるために文章を作る(文章化)
③作った文章を実際に話す(音声化)

※このプロセスは第二言語習得理論という、人が母国語以外の言語をどのように身につけるかについての理論や仮説において、第二言語を”話す過程”として唱えられています。言語のスピーチプロダクションともいわれます。

日本語でも話しが上手い人、話が下手な人が皆さんの周りにもいらっしゃると思いますが、話の上手い下手というのは、自分の言いたいことを瞬時にわかりやすい文章にできるかで決まります。

話の上手な人は途中で詰まったりせず、主語述語ときれいな構文でスラスラ話しますよね。これは頭の中から単語や文法を引き出し、瞬時に文章を作る能力が備わっていると言えます。

これは英語でも同じで、スラスラと英語を話すことができる人は、文法や単語を使って頭の中で英語の文章を素早く作ることができるのです。

瞬間英作文を積むことで、この単語や文法を脳内から引き出し、文章化する力を鍛えることができます。

話の長い人が、短く簡潔に話すトレーニングを積むことで話がわかりやすくなるのと同じで、英語も瞬間英作文を積むことで英語で瞬時に文章を作ることができるようになるのです。

一定量の単語を知らなければ始まらない

しかし瞬間英作文を実践するにも、単語がわからない状態ではそもそも文章を作ることができません。ある程度の単語量は必須と言えます。

海外へ旅行に行った方なら、レストランなどで「トイレはどこですか?」と聞きたくても、「トイレ」を英語でなんて言えばいいかわからず聞くことができない、といった経験があるかと思います。

答えは「Where is the restroom ?」

英語で話す際に、自分が言いたいことを英語では何て言うのか?という段階では瞬間英作文だけをしていても、本来の効果を得ることはできません。

一方でスラスラと話せなくても、TOEICで高得点を取る程の単語量があれば意思疎通することができますが、これは「時間さえあれば」頭の中から単語を引っ張ってきて文章を作ることができるからです。

瞬間英作文はあくまで「インプット知識→アウトプット」の反応速度をアップさせるトレーニングであり、そもそもインプットしたものがなければアウトプットはできません。

全く単語がわからないといった方は、まずは知っている単語を増やす、もしくは並行して単語の勉強も必ずしていきましょう。

特に英会話を身に着けたい方は、単語や文法などインプットのトレーニングと並行して、瞬間英作文でアウトプットするトレーニングも実践していけばより効率的に身につけることができます。

英会話ができない英語学習初心者こそ瞬間英作文を実践するべき

文章を頭の中で考えている画像

実際の英会話では自分が話すことが日本語で書かれてないため、自分の意見を概念化するという、文章化の1つ前の段階も必要になります。

瞬間英作文はあくまで脳内にある文法や単語を瞬時に引っ張り出すといった、自分が話す文章を作る練習過ぎないということです。

なのでアウトプットに最も良いトレーニングは、実際に英語で会話することです。これはあらゆる英会話教室で言われてることですが、この事実はゆるぎません。

とはいえ、英語学習初心者で英語で会話するのはまだ不安だという人も居ることでしょう。

英語を勉強しているとは言え、実際に会話すると際に緊張から言葉が出てこないという経験をした人もいらっしゃると思います。

瞬間英作文はそういった方向けのアウトプットトレーニングとも言えます。

瞬間英作文で日本語を英語に翻訳するトレーニングを積み、頭の中で文章を作る訓練を繰り返し行っていきましょう。

瞬間英作文に難しい英語は要らない

簡単な文章の画像
瞬間英作文は難しい日本語や長文ではなく、中学レベルの文法や構文の英語を使って短文を訳すことができれば問題ありません。

英語をペラペラと話すためには難しい文法を覚える必要があると思ってる方も多いのですが、実際の英会話はとても簡単な文法で話されています。これは筆者が英語で会話できるようになってから驚いたことの1つです。

海外の映画やドラマでは難しい言い回しが使われているので、英会話ができるようになるにはかなりハードルが高いと思っていましたが、実際は簡単な英語ばかりです。

例えば中学校で習う、

・”This、That、Who、Which、Would、Colud”などの使い方
・”現在形、過去形、過去分詞形、現在完了、比較、人称代名詞”

これらの構文に主語となる人や目的語などを変えていくだけで、英会話は充分成り立ちます。

もしネイティブのような会話を目指すのであれば、他のもっと高度な学習方法を実践しましょう。

しかしスムーズに意思疎通できる、会話ができるレベルを目指すなら、中学レベルの構文で瞬間英作文を実践していけば問題ありません。

こうした中学レベルの瞬間英作文を積んでいくと、会話ができない英語学習初心者でも十分アウトプットのトレーニングになりますよ。

【おすすめ教材】どんどん話す瞬間英作文トレーニングシリーズの紹介

瞬間英作文におすすめのアプリは、「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」シリーズです。

どんどん話す瞬間英作文 すらすら話す瞬間英作文 バンバン話す瞬間英作文
どんどん話す瞬間英作文 スラスラ話す瞬間英作文 ばんばん話す瞬間英作文
レベル初級 レベル中級 レベル上級

ベレ出版公式

このシリーズの著者である森沢洋介氏は独自のメソッドにて、日本国内に居ながら英会話を身につけた方でもあります。

森沢氏も提唱するのが、英語は単語や文法などを覚えるインプットと、覚えたことを実際に使うアウトプットの両方が必要だということです。

この理論をもとに、英語学習初心者が実際に英語を話すために踏んでいく段階を具体化して、シリーズにしたのが「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」シリーズでもあります。

おすすめポイント①文型別に分けられているから理解しやすい

「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」では中学1年レベル〜中学3年レベルの文章が記載されており、さらにそれぞれ文型別に分けられています。

瞬間英作文目次

例えばセクション4の【人称代名詞の主格】では、”私、あなた、彼、彼女、私達”という主語となる人称を使った文章が書かれていおり、基本的な文型が同じであることから、文型が身につきやすく、文章を作り上げる速度が早くなっていきます。

セクション4

文型を理解して身につければ、実際の会話でも主語を状況に応じて入れ替えることで英語の文章として成り立ちます。

セクション7の【一般動詞】(be動詞以外)でも同じです。

セクション7
私は〜持っている、
彼は〜話す、
私達は〜する、

といった文型で、様々な主語と目的語が混ざった文章が記載されています。

中学レベルとはいえ、セクション19の【原形不定詞・知覚】のような文型だと未だに筆者でも文章を作るには少し時間がかかります。

難しい文章を話さなくとも、こうしたレベルの文型を瞬間英作文していくことで、十分日常英会話は身につくと言えます。

おすすめポイント②シャッフルされていて応用力が身につく

シリーズ2つ目の『スラスラ話すための瞬間英作文トレーニング』では、シリーズ1の「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」に記載されている文型がその名の通りシャッフルされています。

「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」では繰り返しトレーニングをすると、ある程度文章自体を暗記してしまったり、各セクションごとに文型が分けられていることから前後の文章と同じ文型で話すという癖がついてきます。

これを解決し、より実践に近いかたちで様々な文型を瞬時に英作文するトレーニングがシリーズ2つ目の『スラスラ話すための瞬間英作文トレーニング』といえます。

文型シャッフル

また『スラスラ話すための瞬間英作文トレーニング』には文型シャッフルの次に、文型コンビネーションというものが存在します。

文型コンビネーション

文型コンビネーションでは1つの文章の中に、2つ以上の文型が含まれたものを瞬間英作文していきます。

例:毎週あなたを家まで送ってくれるなんて、彼はなんて親切なんだろう。
How kind he is to drive you home every week !

文型コンビネーションはさらに実践に近いトレーニングであり、長い文章になるほどより概念として頭の中で捉えて、英語の文章にする能力が鍛えられるため、より実際の英会話で必要な瞬発力を磨くことができます。

文型コンビネーションがスラスラと瞬間英作文できれば、街中で英語圏の方と英会話してもおそらく問題ないでしょう。

おすすめポイント②ネイティブのような言い回しが覚えられる

シリーズ3つ目の「バンバン話すための瞬間英作文トレーニング」では、go、get、give、let、keepなどの会話の中での様々な使い方を学ぶことができます。

例えば”get”1つをとっても、

getの応用

その他にも、

First prize went to Bob.

ボブが1等賞をとった。

I got enough sleep last night.

私は昨夜十分寝た。

What is keeping him ?

あいつは何をぐずぐずしてるんだい?

教材などで単語や文法の表現を学んでる際に、「実際の会話でこんなかしこまった表現使わないのでは?」と感じたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

実際の所、ネイティブや英語圏で暮らし人達の日常の会話ではgoやgetといった簡単な動詞を応用して会話の中で使われていることが多いです。

こうした基本動詞の使いこなし、表現の幅を広げるというのがシリーズ3つ目の「バンバン話すための瞬間英作文トレーニング」の目的です。

このシリーズをスラスラと瞬間英作文できるようになれば、もはや英会話が身についたと言っても過言ではありません。

一人でトレーニグができる『瞬間英作文アプリ』がオススメ

一人で瞬間英作文トレーニングをするのであれば、『瞬間英作文アプリ』がおすすめです。

瞬間英作文アプリの画像

瞬間英作文アプリでは日本語の文章を実際に読み上げてくれるため、目で文章を追いかけるよりも耳を実際に使った、通訳さながらの瞬間英作文トレーニングができます。

瞬間英作文の各本にもCDは付いていますので、CDの中身をスマホに入れることができない人はアプリをダウンロードすることをオススメします。

本に記載されている文章がすべて音声として入っているため、有料ではありますが、一人でアプリを使い切り学習するにはむしろ安いと言えるでしょう。

AppStore

GooglePlay

【注意点!】日本語文の丸暗記は絶対ダメ

瞬間英作文をする際に注意したいことは、記載されている日本語を丸暗記するというものです。

もちろん文型を覚えるという点で、多少は暗記することもあります。

しかしそれはあくまでも結果論です。暗記を目的として学習するのではなく、何度も繰り返し練習することで、結果フレーズを覚えてしまう、という流れが理想です。

瞬間英作文の本来の目的は頭の中で文章を作り上げ、瞬時に口から発声することであり、答えを暗記していては文章を作る能力は身につきません。

なので狭い範囲を繰り返し学習するのではなく、複数ページにかけていくつかのセクションをまとめて学習するようにしましょう。

また文章を声に出す際に、その文型を頭の中で思い描くことも大事です。

瞬間英作文まとめ

瞬間英作文はその効果や目的、勉強方法が簡単過ぎることから、あまり重要視されておらず、独学の方だと聞いたことすら無いという方も多いかもしれません。

どうしても難しい表現を覚えたり、とにかく単語をたくさん覚えたり、といった勉強の方が英語力があがると思いますよね。

しかし、英会話のスピーキングを鍛えるにあたって、実際の会話の次に効果のある学習方法なので、英語を使いたい方はぜひともご自身の英語トレーニングの中に組み込んで頂きたいですね。

また最短で話したいという方は、ご自身の勉強の中の瞬間英作文の比率を多くしても良い、それほど英語を話すために重要なトレーニングです。

早速明日から瞬間英作文に取り組んで、使える英語のトレーニングを実践していきましょう!

ABOUTこの記事をかいた人

Webマーケティングの会社で働きながらプライベートで英語の勉強も行う。”「英語×〇〇」が自分の幅を広げる”をモットーに、第二言語としての英語習得を目指す。大学センター試験の英語で187点を取った経験を元に英語の勉強方法や教材の使い方を発信。 趣味:野球、筋トレ、旅行、映画鑑賞