英語面接で必ず抑えるべき5つのコツと頻出質問&回答テンプレまとめ

英語面接は抑えるべきポイントをしっかり抑えて、対策をすれば難なくクリアできます。

今や、世界中に取引先を持つ企業が増加しており、日本でもグローバルな人材が求められる時代です。そのため、英語で面接する企業も少なくありません。

しかし、英語面接の経験が浅い方には「英語の文法やアクセントが正しいのか?」、「面接官の質問を聞き取れるか?」といった不安が付きまとっているのではないでしょうか?

そこでこの記事では、ビジネスにおける英語面接に関する情報を解説いたします。

具体的には

  • 英語と日本語の面接は何が違うのか?
  • 英語面接で必ず頭に入れておくべき5つのコツとは?
  • 英語面接でよく聞かれる質問と回答穴埋めテンプレ!
  • といった英語面接に関する情報を網羅的に解説しています。

    簡潔にわかりやすく書いているため、ほんの5分程度で読めますよ。

    そもそも英語面接は日本語面接とここが違う!

    英語で面接している画像
    英語面接を攻略するには、まずは日本語面接との違いを知ることが大切です。

    なぜなら英語と日本語では文化が違うため、面接で大切なことも変わってくるからです。大前提を知らないことはまるで陸地の見えない海原に投げ出されるようなものです。

    かといって、日本語と英語で面接の方法が変わることはなく、英語面接でも

    1. 履歴書を見ながら面接する「Screening interview」
    2. 複数の面接官による「Panel interview」
    3. グループで議論や課題を解決する「Group interview」
    4. 質問に答えていく一般的な面接「Structured interview」
    5. 食事をしながら面接される「Meal interview」

    といった同様の方式が採用されています。

    つまり、面接の方式は特に変わらないため心配する必要はありません。

    中でも、履歴書を見ながら面接する「Screening interview」と質問に答えていく一般的な面接「Structured interview」が英語面接では大半を占めています。

    英語と日本語面接の違いは面接方式ではなく

  • 英語には日本語ほど敬語文化がない
  • 自己アピールの仕方が違う
  • といった2つの文化的な違いです。

    英語には日本語ほど敬語文化がない

    フランクに話し合っている画像

    英語に日本語ほどの敬語文化がないことは、なんとなく学校の授業で習ったイメージを持つ人が多いのではないでしょうか?

    しかし「英語面接を日本でおこなうとなると話は別では?」と考え、「could」や「would」など過去形にして丁寧な表現にしたり、日本語での敬語表現を直訳したり、英語においての敬語表現を迷われている方も多いです。

    実際のところ、英語面接では表現で丁寧さを考える必要はありません。なぜなら、ネイティブさえもが丁寧な表現を使う人が少ない文化だからです。敬語は日本特有の文化と考える方がいいですね。

    もっとも、英語で誠実さを表現するには、常識やエチケットさえ意識していれば大丈夫です。例えば「ノックをせずに面接室に入ってくる」、「身だしなみが整っていない」といった失礼極まりない態度を取らなければ何も問題ありません。

    日本での常識をわかっている方なら、敬語について特に気にする必要もないですね。

    自己アピールの仕方が違う

    英語面接と日本語面接の決定的な違いは、自己アピールについてです。この違いで面接に落ちるケースも少なくありません。

    英語面接での自己アピールは、100%全力で自分を企業にアピールすることが重要。
    自分をアピールしている画像
    なぜなら、英語には謙遜や遠慮といった文化があまり存在しないからです。日本ではある程度の人となりを見られるため、謙遜や遠慮した方が人間関係や性格面で採用されやすいこともありますが、英語にはそういったことはなくいかに自分をアピールできるかがポイントとなります。

    ただし、やり過ぎたアピールはNG。例えば、企業や面接官を必要以上に持ち上げることや、他の候補者やライバル企業などをけなして企業を褒めるなどはいくらなんでもネガティブな印象を与えてしまいますね。

    つまり、謙遜や遠慮はせずに積極的に自分を企業にアピールすることが重要なのです。

    英語面接で大切な5つのコツ

    英語面接で意識するべきことは

    1. 100%の英語表現より100%の伝える力!
    2. 面接官が合否判断するポイントは自己PR!
    3. 英語面接だからと言って英語に執着しすぎない!
    4. 面接を有利に進めるなら和やかな雰囲気を作る!
    5. 英語を勉強するなら表現より発音を意識!

    といった5つのコツで、英語面接の質問や回答を考えるより前に頭に入れておくべきことです。

    この5つのコツを頭に入れておくかどうかで天と地ほどの差ができ、その効果は比べるまでもありません。

    100%の英語表現より100%の伝える力!

    伝えている画像

    英語面接において、ネイティブでないなら100%の英語表現・文法を身につける必要はなく、むしろ文法を気にせず伝えたいことを伝える力が大切です。

    例えば、「must」を使うか「have to」を使うかなど単語には少しニュアンスが違うものが山ほどありますし、前置詞や文法だって難しいと思います。それらに意識を向けて思考するより、伝えたい内容にフォーカスする方が面接では得策ですね。

    なぜなら、ネイティブ以外にそこまで的確な文法や表現は求められていないからです。

    無理をして英語表現・文法を頑張ると、簡単な質問なのにチグハグな英語で返答して頑張りが裏目に出ることや、表現が正しくても内容の薄い返答しか出来なければ面接でなんのアピールもできません。さらには、聞いてもないことを答えてしまってネガティブな印象を与えてしまう可能性さえあります。

    英語が話せる方でも文法が曖昧な方も少なくはないですが、それでも英語で相手に内容を伝えられます。

    「英語面接」と聞けば、ついつい英語表現や文法に熱を注いでしまいがちですが、実は面接の本質である自己アピールの方が大切なのです。

    面接官が合否判断するポイントは自己PR!

    英語面接では、履歴書を見てさまざまな質問をされますが、その中で極めて重要なポイントが自己PR。

    なぜなら、英語で自己PRをして面接官に伝えたいことが伝われば、英語でプレゼンや取引先との交渉など大半ができると判断されるからです。
    合否を判断している面接官の画像
    そもそも英語面接で面接官が見ているポイントは

  • 外国人との取引時に相手が求めることを理解できるか?
  • 英語プレゼンを難なくこなせるか?
  • 英語で質疑応答ができるか?
  • といった3つが大半の企業で求められる英語力です。

    つまり、英語で自己PRをして面接官に伝えることができる人なら、英語でプレゼンや取引も難なくこなせると見られます。よって、自己PRには時間をかけて対策することをおすすめします。

    英語面接だからと言って英語に執着しすぎない!

    英語面接だからといって英語に執着しすぎないで、あくまで「面接」ということを頭に入れておくべきです。

    例えば「自己PR」や「志望動機」「長所」などの質問で、英語が得意の一点張りではなかなか採用は難しいでしょう。

    「英語が必要」と聞くと、どうしても英語が得意であることをアピールしがちですが、英語が得意であることは英語で面接しているのですからアピールしなくてもわかりますし、履歴書などであらかじめ伝えているため一点張りをする必要もありません。

    面接官からすると、英語ばかりアピールする人は馬鹿の一つ覚えのようなネガティブな印象や、他に企業に役立つ能力がないといった印象を持たれてしまう恐れもあります。もちろん、英語を使ってビジネスをした経験など英語を応用した経験ならポジティブな印象を与えられます。

    したがって、英語面接では「英語が得意」の一点張りはやめて、あくまで「面接」という意識で面接に挑むことをおすすめします。

    面接を有利に進めるなら和やかな雰囲気を作る!

    和やかな雰囲気で会話をしている画像

    英語面接に受かりたいなら「和やかな雰囲気作り」を意識することがおすすめです。

    なぜなら、外資系の会社や外国の方々と共に仕事をする企業だと「文化の違いに関わらず人間関係を良好にできる人柄」を重んじるため、会話の雰囲気を非常に大切にするからです。

    また他にも、和やかな雰囲気を作ることでかたい英語や文法などを気にせず話せるといったメリットもあります。少しのミスも許されない緊張感ある雰囲気より、ミスを冗談のように笑い飛ばせるような和やかな雰囲気の方が、あなたの最大限の英語力を発揮できるのではないでしょうか。

    つまり、面接独特のピリついた状態から冗談などを織り交ぜた日常会話のような英語で話せるため、あなたも話しやすく、かつ自分をアピールしやすいといったメリットがあります。特に英語面接では役立ちますね。

    また二次的要素として、雰囲気・ムードから面接官に一緒に仕事をしたい人と思ってもらいやすく、採用されやすいという要素もあります。面接官から雑談・余談を持ちかけられるとさらにグッドですね。

    笑顔や受け答えで和やかな雰囲気を作る意識をおすすめします。

    英語を勉強するなら表現より発音を意識!

    英語の表現や文法など基礎的な部分であえて言うと、発音は大切なポイントとなります。

    なぜなら、発音が雑すぎて聞き取れないといったことが多いからです。話している内容が素晴らしいものでも伝わらなくて採用されないことも多いです。

    実際のところ文法や表現方法以前に、日本人は発音が悪すぎる傾向があります。これは英語や他の言語と日本語の発音方法が違いすぎるからですね。韓国語は英語と舌の使い方が似ているために、韓国の方は英語が得意という人も多いですが、日本語は違う舌の使い方なので難しいのです。

    最低でも面接官が聞き取れる英語の発音を習得する必要はあります。

    ただし、発音以外にも面接官が聞き取れない原因に「声が小さい」「緊張して声が震えている」「ネイティブを真似る」といったものもあります。文法や発音に自信がなくて声が小さくなったり、緊張で正しい発音ができなかったり、ネイティブを真似て聞き取りにくい発音にすることで伝わらないのです。

    つまり、発音を意識してゆっくり丁寧に英語を話せば、面接官に伝わらないという問題は解消されますね。ぜひこれらの問題を意識して見てください。

    英語面接でよく聞かれる質問5つと回答テンプレ!

    面接をしている画像

    英語面接で聞かれる質問は大きく分けて5種類あります。

    この5種類に絞って対策をすれば心配は無用。逆に細かく分けて50種類もの質問を対策していると、効率が悪く時間が無駄になりますし、英語面接本番で生きた回答ができず、誰もが使っているテンプレートのような文言でアピールすることができません。

    質問毎に面接本番で対応できるテンプレートを使って、類似の質問に当てはめて対応することがベストです。

    英語面接でよく聞かれる質問は

  • 【自己PR】Tell me about yourself.
  • 【志望動機】Why do you want this job?
  • 【目標】What’re your dream?
  • 【長所・短所】What’re your strengths?
  • 【企業への貢献】What can you contribute to us?
  • といった5つの質問です。

    【自己PR】Tell me about yourself.

    自己PRは面接で最も重要なポイントです。

    自己PRで意識することは2つ

  • 謙遜せずに100%自分を売り込む
  • 伝えることに集中する
  • といったことでどちらも極めて重要になります。

    先ほども述べたとおり、自己PRで「外国人と取引時に相手が求めることを理解できるか?」「プレゼンや質疑応答が難なくできるか?」といった判断をされるため、自分を売り込む・伝えることでどれほど取引やプレゼンができるのか間接的に伝えることができます。

    自己PRを求められる質問は

    Tell me about yourself.

    あなたについて教えてください

    How would you describe yourself?

    あなたは自分をどのような人だと思いますか?

    といった風なシンプルな質問が多いですね。
    中には、アレンジを加えた面白いものもあり

    How do your friends describe you?

    友人からあなたはどんな人だと言われますか?

    といった客観的な視点から自己PRを求められるものであったり、

    If you were an animal what would you be?

    あなたを動物に例えるなら、何ですか?

    といった変わり種のもの、

    Why do you think it?

    なぜそう思うのですか?

    といった質問を何回も問われる、ロジックツリーのような深掘りされる質問もあります。

    しかし、結局問われていることはどれもあなた自身のこと。自己PRについて対策していればなんら問題ありません。

    自己PRの穴埋め式回答テンプレート

    It’s pleasure to give me this opportunity. My name is <名前>.
    I spent <時間:three yearsなど> as<職業など: an English teacher> at <どこで:high school> prior to that.
    Prior to<職業: English teacher>, I spent <時間> as<職業など> at <どこで>.
    I was hired as <役職など>.
    So, I’m great at <得意なこと:talking to strangers>.
    I can contribute to your company by <会社に貢献できること:promoting sales transactions>.

    「このような機会をいただきありがとうございます。〇〇と申します。
    これまで私は<時間>年間、<職業:英語の教師>として<どこで:高校>で働いていました。
    <職業:英語教師>の前は、<時間>年間、<職業>として<どこで>で働いていました。
    私は<役職など>を担当しておりました。
    そのため、<得意なこと:初対面の方と話すこと>が非常に得意です。
    御社の<会社に貢献できること:売買取引の促進>に貢献できます。

    【志望動機】Would you tell us what motivated you to apply to our company?

    自己PRの次は、志望動機に関することを聞かれる英語面接が多いです。

    志望動機におけるポイントは、「辞めずに続けられる」といった熱意を伝えられるかどうかです。

    面接官は当然、辞めずに長く働いてくれる人材を欲しているため、やめずに続けられることを

  • 過去の経験や実績など客観的な証拠
  • モチベーションや性格など主観的な気持ち
  • といった2つの方向から伝えることをおすすめします。

    志望動機を聞かれる質問には

    Why do you want this job?

    なぜこの職につきたいのですか?

    Why are you leaving your current job?

    なぜ転職するのですか?

    といった英文で志望・転職の理由を聞かれます。

    志望動機の穴埋め回答テンプレート

    Because I can contribute to the success of this company.
    I have ever <過去の経験>.
    As a result, I <実績>.
    So, I’d like to use this experience and <志望動機など>.

    会社の成功に貢献できるからです。
    私は、今まで<過去の経験>をしてきました。
    その結果、<実績>。
    そのため、この経験を活かして、<志望動機など>をしたいです。

    【目標】What’s your dream?

    英語面接では今後の目標や将来の夢などあなたの目指すものについて聞かれることが多いです。

    ここで意識することは、志望動機と同じく「辞めずに続けられる」といったアピールをすること。

    例えば「長期的に貢献して、顧客数を確実に増やすこと」「売り上げNo1を目指す」といった「その企業で達成できること」へのアピールが効果的です。

    しかし、目標や将来の夢は個人によってそれぞれですので「その企業で達成できるのか?」を頭に入れながら自身で試行錯誤することが大切ですね。本心でもないことをいうと薄っぺらな内容になり、ネガティブな印象を与えてしまうこともありますね。

    目標を聞かれる質問には

    What’s your dream?

    あなたの夢はなんですか?

    Where do you see yourself in three years?

    あなたは3年後どうなりたいですか?

    といったフレーズがよく使われます。

    目標を回答する穴埋めテンプレート

    I’d like to <将来の夢や3年後の目標> because <理由>.

    私は、<将来の夢や3年後の目標>したいです。なぜなら、<理由>だからです

    【長所・短所】What are your strengths?

    長所や短所から「企業が求める人材であるかどうか?」を判断されることも多いです。

    ここで意識するポイントは、その企業に役立つ人材であることをアピールすること。

    例えば

  • コミュニケーション能力が高いこと
  • 大勢の前でも緊張せずに話せること
  • 忍耐力があること
  • といった「外国人との取引」や「英語でのプレゼン」「長く続けられる」など企業に役立つ印象を与える長所がいいですね。

    また、短所に関しては「特にないが、強いて言うなら」といったニュアンスで希望の部署ではなく、希望しない部署に関するものをおすすめします。

    例えば

  • 事務職を希望しない場合、黙々と作業をするのが苦手
  • マーケティング職を希望しない場合、意見を強く主張してしまう癖がある
  • といったようなものです。

    長所や短所を聞かれる質問には

    What are your strengths(weakness)?

    あなたの長所(短所)は何ですか?

    Tell me about your strengths(weakness).

    あなたの長所(短所)を教えてください

    といった”strengths”や”weakness”が入ったフレーズが多いです。

    長所や短所を回答する穴埋めテンプレート

    My strengths(weakness) is <長所や短所:that I never give up>, because <理由:I think I can do anything unless I stop pursuing it>.

    私の長所(短所)は、<長所や短所:諦めないこと>です。というのも、<理由:諦めなければ、実現すると考えるから>です。

    【企業への貢献】What can you contribute to us?

    「企業へどれくらい貢献してくれるのか?」「企業に役立つ人材か?」を直接問われることも多いです。

    ここで意識するポイントは、他の人よりも自分の方が優れている点をアピールすること。

    例えば

  • 英語で営業した経験から外国人との取引で御社に貢献できます
  • これまでの主任やプロジェクトリーダーを務めた経験から人をまとめる力で御社に貢献できます
  • といった客観的事実を交えながらアピールすると信憑性もアップします。

    企業への貢献を問われる質問には

    What can you contribute to us?

    あなたは何で企業に貢献できますか?

    Why do we need to hire you?

    なぜあなたを雇う必要があるのですか?

    といった”hire”や”contribute”を含んだフレーズが多いです。

    企業への貢献を回答する穴埋めテンプレート

    I can contribute to your company by <貢献できること:promoting sales transactions with foreign company>, because<理由:I have dealt with foreign company for two years>.

    私は<貢献できること:外資系企業との売買取引>で御社へ貢献することができます。なぜなら、<理由:2年間、外資系企業と取引した経験があるから>です。

    一枚上手のグローバルな人材を目指すなら『FAST ENGLISH』

    これまでで英語での面接における5つのコツと日本語面接との違い、英語面接でよく聞かれる質問5種類と回答テンプレートで面接に受かる確率は大きく上がったと思います。

    しかし、個人的に英語面接の不安要素を持っている方もいると思います。

    そこで、より確実に英語面接で受かるために最後のツメとして『FAST ENGLISH』の「無料1to1パーソナル診断」を受けて、ビジネス英語のプロからアドバイスを受けてみてはいかがでしょうか?

    例えば

  • 今のあなたのレベルを知り、どんな教材で何をすればいいか明確な指導が受けられます!
  • あなたが英語で何をしたいのかを一緒に明確にして、目標までの到達方法をお教えします!
  • 今の英語勉強法があっているのか、どうしたら上達するのかアドバイスをします!
  • といった内容を個人面談でお教えいたします。

    これらを面談してくれるビジネス英語のプロは、数々の受講生たちを3ヶ月という短期間のみで、ビジネスにおいて通用する英語力にまで成長させた実績のある講師たちです。

    ぜひ一度、お気軽にお問い合わせください。

    まとめ

    昨今、企業のグローバル化により英語で面接する機会も増えています。
    今回はその英語面接で受かるためにさまざまポイントを解説してきました。

    英語面接で受かるにはまず、「英語面接と日本語面接の違い」といった本質から理解する必要がありました。

    その違いを踏まえて、英語面接では

  • 100%の英語表現より100%の伝える力!
  • 面接官が合否判断するポイントは自己PR!
  • 英語面接だからと言って英語に執着しすぎない!
  • 面接を有利に進めるなら和やかな雰囲気を作る!
  • 英語を勉強するなら表現より発音を意識!
  • といった「面接前に必ず抑えておきたい5つのコツ」を意識することが大切です。面接でよく聞かれる5種類の質問を前もって用意しておき、さらに英語面接で受かる確率を飛躍させましょう!